SHAKOBA

EVENT&REPORT

シャコウバシネマvol.2 開催レポート

2021.06.03

イベントレポート

SHAKOBA自慢の大スクリーンを使った大人の映画鑑賞会「シャコウバシネマ」

セレクトするのはSHAKOBAが位置する竹芝エリア近隣がロケ地のこだわりの映画達。
今ではなかなか大画面でお目にかかれない昭和の映画を上映し、映画を通して当時の文化や風景を深く味わう時間を提供しています。

そんなシャコウバシネマvol.2の様子をまとめてお届けします!
※イベント概要はこちら

———-

今回上映するのは小林旭主演、1960年公開の「東京の暴れん坊」。
銀座の次郎長と呼ばれる、粋で鯔背な若旦那を演じた小林旭の魅力がスクリーンいっぱいに溢れるアクション映画の傑作です。

映画ポスター

会場には、映画の中の名場面を切り取ったロビーカードを展示したギャラリーコーナーをつくりました。

映画のおともには、当店おススメの「太郎の愛した昭和3点盛り」を。
名物のハムカツ太郎のハムカツもはいった大人気メニューとドリンクを楽しみながらご覧いただけます。

また、上映前には娯楽映画研究家の佐藤利明先生によるミニトークを実施しました。
物語の社会背景や俳優達についてのプチ情報が、映画鑑賞の時間をより深めることに。
佐藤先生のトークで気持ちが高まったところで、上映開始です。

舞台は東京・銀座。
「花のパリで~」と歌い出す、小粋でミュージカル調のオープニングからはじまり、ポップでコミカルな場面展開、爽快なアクションシーン、
旭が歌い上げる昭和の歌謡曲、そしてチャーミングな浅岡ルリ子!と飽きることなく華やかな映像と色合いにも魅せられながら物語が進んでいきます。

そして、終盤の銀座の上空を飛ぶヘリコプターから大量のビラをまくシーン。
大画面にうつる昭和・東京の青い空をみんなで見上げた時間は、まさに最高のごちそうでした。

主演のおふたり。かっこよくキュートです。

79分というライトな上映時間も心地よく、また見返したくなる作品でした。
上映後には、参加者のみなさん同士で「あのシーンが…」「あのセリフが…」と、自然と感想に関する会話がひろがっていたみたいです。

そして、鑑賞後にはゲストの佐藤先生より劇中に登場する車のミニカー(トミカ「日活名車座シリーズ)を数量限定で販売していただけることに。
映画を見た後だと、これは欲しくなってしまいます…!
あっという間に完売していました。

SHAKOBAにプレゼントしていただきました!

映画を見た後、日常の風景がこれまでとは少し違って目に映る気がしました。
参加されたみなさまにも、シャコウバシネマからお届けする日常の延長線上にある非日常を少しでも感じていただけたら嬉しい限りです。

次回も引き続き、味のある映画をセレクトして開催いたしますので
ご興味ある方、こうご期待ください!

開催協力:株式会社マイトベーシックサービス

ACCESSSHAKOBAまでの行き方をご案内します

〒105-0022
東京都港区海岸1丁目10番45号
WATERS takeshiba シアター棟1階 アトレ竹芝内

浜松町駅(JR・モノレール)北口より徒歩6分
大門駅(地下鉄大江戸線・浅草線)
B1 出口より徒歩7分
竹芝駅(ゆりかもめ)より徒歩3分


コランチタイム: 平日 11:00〜14:00
デイタイム: 平日
土日祝
14:00〜17:00
11:00〜17:00
ナイトタイム: 17:00〜23:00(LO.22:00)

※現在ソフトオープン期間中のため、
営業時間・営業形態が異なります。
詳しくはこちらをご覧ください。


TEL:03-5422-1445